失敗しないために!素人で開業してから29店舗までの苦労話

飲食店経営を成功させよう!

 03-6915-7433

お店の経営相談は、経験豊富な辻本誠までお気軽にどうぞ。

経営の参考書

アイデアの必要性を感じたら、このカード

投稿日:

さて、今回は書籍とはちょっと違うのですが、オススメしたい商品を見つけたのでご紹介。

それが、こちら↓
イノベーションカード

イノベーションカード」という名の56枚のカード。

仕事には新しいアイデアが欠かせないもの。
ただ、アイデアをゼロから生み出すのは、そうそう簡単じゃありません。
そんなアイデアを出す時の「きっかけ」を作ってくれるのがこのカードなのです。

アイデアに「制約」をかける

店舗でも会社でも、経営をしていると何かと新しいアイデアが必要になるケースは多いと思います。

ただ、問題なのは「アイデアをゼロから生み出す」のは難しいということ。
このサイトの「思い切って自由な社風にしてみた結果」でも書きましたが、アイデアはその制約条件が少なければ少ないほど、かえってアイデアが出なくなってしまうもの。

例えば、「何でも良いから集客アイデアを考えなさい」という条件よりも、「SNSを使って集客アイデアを考えなさい」のほうが、アイデアを思いつきやすいですよね。

ところが、店舗オーナーや会社経営者の悩みの殆どは、制約条件自体がないケースが多く、漠然とどこから考えるべきかという段階で思考が止まりやすくなってしまう訳です。

なんて、偉そうに解説していますが、今回このカードを買った理由も、私自身に新しいアイデアを生み出す「制約」が欲しかったから。
要は、私も困ってたから買っただけです、笑。

そして、このイノベーションカードというものが、アイデアを生み出す際に必要となる「制約」を作ってくれるのです。

「制約」が、自分の思考の癖を取り払う

詳しくはこのオフィシャルページを見れば、イノベーションカードがどういう考えから生まれたのかが分かりますが、「制約」をかけることのメリットは、アイデアを生み出すきっかけとなるだけでなく、自分の思考の癖を取り払えるというところ。

これは、企業経営者や社内の上層部にいる人ほど陥りやすいのではないかと思うのですが、人は経験値が増えるほど、その経験値の中で物事を判断しようとしてしまいがち。

ただ、無意識のうちに自分の経験値の中だけで判断をするようになると、自分の思考の癖にハマって新しい発想が出てこなくなってしまう訳なのです。
そんな自分が陥ってしまっている思考の癖に気づかせてくれるのも、このカード。

権利の問題があるので、詳細を説明できないのが残念ですが、詳しくは上記オフィシャルページを読んでみて、興味のある方は買ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、いつもかばんに入れて持ち歩いて使うほど気に入っています、笑。

以上、今回は新しいアイデアを生み出すきっかけとなるカードの紹介でした。

 

-経営の参考書

Copyright© 辻本誠 , 2020 All Rights Reserved.