失敗しないために!素人で開業してから28店舗までの苦労話

飲食店開業を成功させよう!

 03-6915-7433

開業の相談は、実績豊富な私たちへご相談ください

メルマガ バックナンバー

【広告宣伝費を使って呼ぶのは『誰』なのか?】

投稿日:2018年12月23日

☆2018.12.24 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 辻本誠の飲食店開業を成功させよう! 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.002☆

街はクリスマスムード一色、いいですねー。
個人的には、この時期の街の雰囲気が大好きです。

何というか、街を歩く人たちから「ワクワク」オーラを
感じませんか?

私、実はこの「ワクワク感」って、お店を運営する
上でも、とっても大切だと考えています。

なぜかと言うと、「ワクワク感」と「消費」ってすごく
強い結びつきがあると思っているからです。

ワクワクする体験や物に対して消費をすることが好きな
人って多いですよね?

そういう視点で自分のお店を客観的に見た時、ワクワク
できるポイントがしっかり用意されているかどうか?

ここが、売れるお店になるかどうかのポイントの1つ
でもあるんじゃないかな〜と思ったりする訳です。

さて、それでは前置きはこれくらいにして、今週の
メルマガ版『辻本誠の飲食店開業を成功させよう!』
はじまりでーす。

辻本 誠

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*

○【今週の深掘り】
~ 広告宣伝費を使って呼ぶのは『誰』なのか? ~

○『開業オーナーの取り組み紹介』
~20cmのこだわりが単価261円の違いを生む~

○【オーナー募集情報】
駅前立地ですぐに開業できる物件

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*

・・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今週の深掘り】
~ 広告宣伝費を使って呼ぶのは『誰』なのか? ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・

前回、記念すべきメルマガ第一号では、
『なぜ1号店は軌道に乗らなかったのか?』と題して、
私たちの1号店が軌道に乗るまでに取り組んだ内容を
紹介させていただきました。

ポイントは【守・破・離】でしたね。
皆さん、覚えていただけましたか?

そして今回は、前回の話に関係した記事を選んで
深掘りをしていきたいと思います。

今回の深掘り記事はこちら↓ (p_-)
【「広告宣伝費」って実際いくら必要なのか?】
https://www.inshoku-kaigyo.net/post-2812/

お店が軌道に乗ったことと、広告宣伝費の金額?

「前回、そんな事書いてないじゃん!」なんて
言われてしまうかも知れませんが、実はしっかり
書いてあるんです。(-_☆)

前回の深掘りで選んだ記事の最後の方にこんな文章を
書いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この頃はご来店いただいたお客さまに集中することが
第一優先事項だったので、外に向けての集客活動は
一切していませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回引用した、元記事を読みたい方はこちら↓
【1号店、開業1年半でついに軌道に乗る】
https://www.inshoku-kaigyo.net/post-1230/

そうなんです。
1号店が軌道に乗った時、実は私たち、集客に関する
広告宣伝は何もしていませんでした。

広告宣伝費、ゼロ!(@_@)

私の記憶の話になりますが、当時、お店に来て
くれていたお客さまの内、9割はリピーターの方。
そして、残りの1割はリピーターの方の紹介。
完全な新規のお客さまは、ほぼなしという状況。

【 広告をしないでも売上が上がるお店 】

どうですか?こんな状況良くないですか?

そりゃ、広告費かけずに安定して売り上がって
いるんだから、良いと思っちゃいますよね。

ただ、今ではこれ、間違っていたと思っています。

それはなぜかと言うと、
【安定している時期こそ、新規の集客ノウハウを
蓄積しておくべきだった】から。

なに言ってんだ??
と、思われてしまうかも知れないので、ちょっと
だけ説明してみますね。

少しだけ例え話になりますが、皆さん営業の仕事って
大きく分けて2つあるのをご存知でしょうか?

1つめは「ルートセールス」と呼ばれるもの。
すでに取引のあるお客様を回って、必要な注文を
取ってくるイメージの営業。

2つめは「新規開拓」と呼ばれるもの。
言葉通り、まだ取引関係がない新規のお客様との
取引を開拓する営業。

何でこんな話をしたのかと言うと、飲食店の集客にも
同じ考え方ができるからなんです。

1つめの「ルートセールス」はリピーターのお客様の
売上。そして2つめの「新規開拓」はリピーターの方
とも関係がなく、初めてお店を使ってくれたお客様の
売上。

一見、リピーターの方と、その方の紹介で売上が
安定しているんだったら、わざわざ新規開拓なんて
やる必要ないんじゃない?

と感じる方もいるかも知れません。
でもこの「新規開拓」、実はとっても重要なんです。

その訳は。。

今回はちょっと長くなってしまったので、また次回の
メルマガで続きを書いていきたいと思います。

お楽しみにー(^_-)

・・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━

『開業オーナーの取り組み紹介』
~20cmのこだわりが単価261円の違いを生む~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・

さて、こちらも2回目となったオーナーさんの
取り組みを紹介していくコーナー。

今回もオーナーさんの取り組みで、面白い結果が
出た事例があったので、ご紹介したいと思います。

今から2ヶ月くらい前、あるオーナーさんから、
「お客様は来ていただけてるけど、ご注文が少ない」
という相談を受けました。

データで確認してみたところ、確かに私たちが運営
している店舗と比べると、お客様一人あたりの
ご利用金額が500円以上少ないという結果。

基本的に「お客様の金額を上げる」という考え方は
好きではないので、普段単価をみることはあまり
しませんが、確かに500円以上というのはちょっと
心配。。

そこで、オーナーさんと一緒に、実際にお客様が
座るカウンターやテーブル席に座って、見える
景色をチェック。

すると、ある事に気づきました。

メニューを開かない限り、食事やドリンクのライン
ナップが全く分からないのです。

一般的に言われる「Pop」がないのです。

これ、言われると当たり前なんですが、いざ自分が
お店をオープンする立場になると、すっかり手付かず
なんてこと、あるんですよね。

そこで、早速オーナーさんと一緒に、全ての席から
食事の一覧が眺められるポスターを写真付きで
張り出して、様子を見てみましょう。という事で、
一旦お別れしました。

その1週間後。
状況を知りたかったので、オーナーさんに会いに
行ってみると、興味深いことが起きていました。

同じポスターを貼っているにも関わらず、注文が
増えたテーブルもあるのに、全く効果が出ていない
テーブルもあると言うのです。

オーナーさん曰く、
「どうも、効果が出ていない席はポスターの位置が
若干高すぎる気がする。」
「お客さんの動きを見ていると、席の真横にある
ポスターは見てるけど、ちょっとでも上にある
ポスターは全く見ていない。」

そこで、オーナーさんとしては、
「ポスターの位置を20cmほど低く貼り直して、
もう一回効果を調べたい」という事でした。

このこだわり、素晴らしいですねー。
私も大賛成だったので、またしばらく様子をみる
ことにしました。

そして、はじめの相談を受けてから、約1ヶ月半。
何と、単価は261円もアップ!(-_☆)

詳しく聞いてみると、やっぱりポスターの位置を
20cm下げたところ、注文が出やすくなったとの
事でした。

同じポスターでも、「いかに効果を生み出すか?」に
こだわると、こんなに嬉しい結果が出るんですね。

すでに開業されていらっしゃる方などは、今一度
店内を見回してみて、
「ここをもうちょっと工夫できるんじゃないか?」
など、考えてみても良いかも知れませんね。

面白い効果が出るかも知れませんよ(^_-)

以上で、今回の開業オーナーの取り組み紹介は
終了でーす。

・・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━

【オーナー募集情報】
駅前立地ですぐに開業できる物件紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・

こちらのコーナーでは、駅前立地ですぐにお店を開業
できる店舗をご紹介。

『独立しようか、どうしようか?』
『もうちょっと準備してからの方が良いかな?』

などなど、悩みはあると思いますが、まずはお店を
実際に見てみるのも良いかも知れませんよ!

内見の希望など、お気軽にご相談くださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●西武新宿線 新井薬師前駅
徒歩1分 バーに最適!
↓ ↓
https://www.inshoku-kaigyo.net/page-927/

●西武新宿線 鷺ノ宮駅
徒歩3分 ガラス張りのオシャレな路面店
↓ ↓
https://www.inshoku-kaigyo.net/page-4688/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【発行責任者】辻本 誠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■運営サイト
『飲食店開業を成功させよう!』
https://www.inshoku-kaigyo.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

※このメールが不要な方は、下記より解除していただけます。
【解除フォーム】
https://www.inshoku-kaigyo.net/page-4799/

-メルマガ バックナンバー

Copyright© 辻本誠 , 2019 All Rights Reserved.