開業相談

開業予定まで4年弱、開業の準備として今すべきこととは?

投稿日:

2ヶ月ほど前の話ですが、サイトへのアクセスがだいぶ増えてきたことから開業の質問コーナーを作ったのですが、なかなか相談が来ないので実は寂しい思いをしていました(笑)。

が、嬉しいことにようやく相談を送ってきてくれた方がいらっしゃいましたので、飲食店を開業して16年の経験を活かして真面目にお答えさせていただこうと思います。
では、早速行ってみましょう。

【今回のご質問者さま】
ご職業:酒類製造大手勤務
年齢:20代
質問内容:
バーを開業したいと学生時分から思っていましたが、一度は社会に出て経験を積むべきだと思い、現在までビールの製造に携わっております。
しかしやはり常に頭のどこかにはバーを地元で開業するという夢があり、休みや空いた時間で開業するための準備を進めたいと考えております。
開業するまでのは30歳を目標にしており、まだ4年弱あるのですが、開業の準備として今何をすべきでしょうか?

なるほど。
学生時代から開業を志し、現在は社会経験を積んでいるということですね。
環境としては、学生時代の私と同じような考えをお持ちの方のようで、勝手に共感している自分がいます。
では、お答えさせていただきます。

開業した時に誰も追いつけないポジションを今から準備する

開業まで4年弱ということなので、色々やっておいたほうが良いことはあると思いますが、今回いただいたご質問のポイントは「休みや空いた時間でできる準備」という点ですね。
本業を疎かにせず、自分の時間を次のキャリアに使いたいという考え、素晴らしいですね。

この条件で今から取り組んで、開業時に大きな力になるのはズバリ「自分のメディアを今から作っておく」という事だと思います。

「自分のメディアを今から作っておく」

これはどういう事かと言うと、ご質問者様のウェブサイトを今から作り、4年後の開業までの記録をウェブ上で公開しておくという事です。

そんな事、開業の成功と関係ないんじゃないの?
カクテルのレシピ覚えた方がいいんじゃないの?
開業にオススメのセミナーとか行ったほうがいいんじゃないの?

などなど、疑問があるかも知れません。
ただ、今から4年間開業までの準備の記録は、開業後のとてつもない大きな集客の武器になります。

1週間に1回、開業に向けて自分が学んだことや気づいたことを公開していくとします。
4年後、お店をオープンさせる時点での記事は200を超える計算になります。

オーナーの考えが全く分からない店舗と、オーナーのお店に対する想いがウェブ上に溢れているお店。
どちらのお店が地域の方の共感を呼ぶかは明確だと思います。

さらに、4年間の記録を公開してきたという事実は、競合するお店が後から急いで真似をしようと思っても真似できません。
開業した時点で、誰も追いつけない集客ツールを持てることになる訳です。

ご質問者さまもすでに感じられていらっしゃるかも知れませんが、今後は「大手チェーン店」という看板が集客の武器にはならない時代です。

企業の規模なんかよりも、自分が素敵と思えるお店を応援したい。
こんな流れになっています。

レシピを覚えたり、セミナー行ったりすのはいつでも出来ます。
でも、ご自身がどんな想いで飲食店の開業を考えているのか?地元の方たちにどんな風にお店を使ってほしいのか?という記録を残していくことは、早く始めれば始めるほど、ご質問者さまの強い武器になります。

「自分のメディアを今から作っておく」

是非、開業準備の一案として検討してみてもらえればと思います。
この度はご質問をお送りいただきましてありがとうございました。


 

当サイトでは、引き続き開業をお考えの方からのご質問を受け付けています。
ご質問どしどしお待ちしております。

ご質問はこちらからどうぞ

 


ご質問者さま同様、学生時代に開業の夢を語っていた頃の私たち。
当社代表(前列右)、私(前列左)、当社専務(後列中央)。
もう1人の創業メンバーはカメラマンです。。

 

飲食店のメールマガジンなら

-開業相談

Copyright© 株式会社リキッド , 2018 All Rights Reserved.