失敗しないために!素人で開業してから26店舗までの苦労話

飲食店開業を成功させよう!

 03-6808-6502

開業の相談は、実績豊富な私たちへご相談ください

開業後

会社設立、社名はどうする?

投稿日:2017年11月6日

1号店の開業から半年後。相変わらず悪戦苦闘の日々でしたが、ついに個人事業主だったお店を法人化する事にしました。
半年間4人ともほとんど無給(←無休じゃないです)で頑張った甲斐もあり、資本金400万円で有限会社を設立することができました。
(※新会社法ができる前なので資本金1,000万円以下の会社は有限会社でした。)

国の税制からすれば法人化はもっと後にしたほうが、納税の優遇が受けられましたが、そんな小さい(本当はかなり大きい)事は気にしません。

そして、法人化にあたって出てきた問題。それが社名の決定でした。

起業を考えられていらっしゃる方にはうちの社名の由来などどうでも良いとは思いますが。。
たまに採用の説明会とかでも学生さんに社名の由来を聞かれたりするので、ここで社名が決まった経緯を簡単に書いてみたいと思います。

 

2003年4月某日

代表
いや〜、いよいよ法人設立。こっからだね。
そうだね〜。
そう言えばちゃんとした社名決めないといけないんだよね?
辻本
代表
そうそう、何かいいのある?
有限会社でも可能性感じるのがいいね〜
辻本
代表
そうなんだよ。
オレ達4人の可能性は無限なのに”有限会社”っていうのがちょっと悔しいんだよな
まぁ、でもそりゃ国の決まりだから仕方ないでしょ
辻本
代表
そうだよな〜。。
よし!可能性は無限だから、有限会社無限!
ウケる。
多分、人の採用は失敗するね。。
辻本
代表
ダメか。。
じゃ、まじめに考えるとして大事にしたいのは2つあるな。
何、その2つって。
辻本
代表
1つは短い社名。大企業はシンプルな社名が多いから、下手にカッコつけた長い名前を付けるのはやめたいな。
もう1つは、飲食業だけに限定したような社名はダメだよね。時流に合わせて、その時必要とされる事業を柔軟に展開していける企業にしたいから。
やっぱり会社は長く存続することが大事だよね。
なるほど。。確かに。
じゃ、液体を表す「リキッド」ってどう?
短いし、液体のように姿を変えられる柔軟性もイメージして。
辻本
代表
おっ、いいね。それにしよう。

かなり端折りましたが、こんな感じだったと思います。

何の参考にもならないと思いますが、起業してからの話の一環で書いてみました。
当時の私は、ちょっと長い社名の方がカッコいいかな〜なんて思ってましたが、会社が成長していくにつれて、今の短い社名がしっくりきてるので不思議なものです。

「株式会社リキッド」、良い社名だなぁ〜。

 

 


創業時のロゴ。
1店舗しかない会社でしたが、大きくなるイメージを形にしました。

 

 

飲食店の開業ならこちら

-開業後

Copyright© 飲食店開業を成功させよう! , 2018 All Rights Reserved.